そもそも、墓じまいって何?そんなあなたへお教えします。

そもそも墓じまいって?

テレビや雑誌などのメディアでたびたび取り上げられることがある墓じまいですが、そもそも墓じまいとはいったいどのようなものなのでしょうか。墓じまいとは遠くに住んでいるなどの理由から墓の清掃や維持が困難になってしまい、遺骨のみを取り出し古い墓は撤去してしまうことをいいます。取り出した遺骨は自宅の近くの墓などに移動させるか、永代供養を依頼するのです。墓じまいと聞くとどうしても罰当たりな気がするという方も多いと思いますが、きちんとした正しい手順をふめば罰当たりなことはありません。墓じまいはご自分でおこなうこともできますが手順が多く難しいこともあるので、墓じまいをする方は専門の業者などに依頼する場合が多いようです。

墓じまいの費用とは?

墓じまいに興味があるという方も多いと思いますが、やはり気になるのは墓じまいの費用のことなのではないでしょうか。墓じまいをするときの費用を考える上で、離壇料というものを知っておく必要があります。離壇料とは寺の壇家になっている場合に、その壇家をやめるときに支払うお金です。ただしこれはお礼のお金なので支払いの義務はありませんが、お寺などによっては多額の離壇料を請求される場合もあるので注意しましょう。この離壇料の相場は10万円ほどと言われており、この他に墓を撤去するのに10万円から25万円ほどかかります。さらに墓石を処分するためのお金や永代供養など、ずべて込みで30万円から100万円ほどになることもあり、相場は場合によって変わってくるのです。